スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流出の真相「コードギアス 反逆のルルーシュR2 第3話」 

4月15日の夕方、YouTubeに「コードギアスR2 第3話 4/4 スクイーズ」というタイトルでムービーがアップロードされました。

コードギアス 反逆のルルーシュR2」はMBS・TBS系列で4月6日から放送が始まったアニメで、放送は毎週日曜日の17時から。「コードギアスR2 第3話 4/4 スクイーズ」は4月20日 第3話「囚われ の 学園」の最終部分です。

では何故このような放送前の動画が流出してしまったのでしょうか。

2ちゃんねるなどでは、
スタッフの誰かが勝手にアップロードした
PRとしてわざと流した
ディートハルト(アニメ登場人物)の仕業
など様々言われていました。

しかし真相はもっと単純なものでした。
コードギアス製作委員会から流出元と言われたバンダイ・チャンネルの発表によると、不正投稿検証作業を委託していた「ソリッド・エクスチェンジ」にて誤操作が行われ、その結果YouTube上に誤って動画が投稿されてしまったそうです。

YouTubeにはアップロードされては困るムービーを権利者が先にアップロードし登録することによって、同じようなムービーがあとからアップロードされた場合、自動的に権利者に通知される「動画 ID ツール」と言う物が実装されています。

今回はそこに4月20日 放送予定コードギアス 反逆のルルーシュR2 第3話「囚われ の 学園」を登録中に誤って最後の動画を普通にアップロードしてしまったようです。

現在、YouTube・ニコニコ動画などでは「コードギアスR2 第3話 4/4 スクイーズ」は全て削除されている様ですが、中国の動画共有サイト「Youku」では削除されずに見ることが出来るようです。

リンク
コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト
株式会社バンダイチャンネル
ソリッド・エクスチェンジ
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/11-0902c3b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。