スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3DMark Vantage」リリース 

Futuremark - Coming Soon!3Dベンチマークソフトの定番「3DMark」その最新版「3DMark Vantage」が日本時間で4月28日22時にダウンロードが開始されます。

その時間にちゃんとダウンロードが開始されるのかは不明ですが、ホームページでは現在カウントダウンが順調に進められています。

「3DMark Vantage」はベンチマークとしての性能は勿論、映像のキレイさでも定評があり、それを楽しみにしているユーザーも多いのではないでしょうか?



必須環境
SSE2をサポートしているx86/x64で動作するシングルコアCPU。Intel Pentium D 3.2GHz以上。
256MB以上のメモリを搭載し、D3D10/SM4.0準拠のグラフィックスカード
1024MBのメモリ
2GB以上のハードディスク空き容量
Windows Vista (サーバ版は不可)

推奨環境
Intel Core 2 Duo E6600 あるいはそれと同等の AMD CPU
512MB以上のメモリを搭載し、D3D10/SM4.0準拠のグラフィックスカード
2048MBのメモリ
2GB以上のハードディスク空き容量
Windows Vista (サーバ版は不可)



Trial (無料)
1回だけ実行可能

Basic (6.95ドル、約725円)
個人使用目的で利用可能。「Performance」プリセットとORBの利用が可能。

Advanced (19.95ドル、約2081円)
個人使用目的で利用可能。全4種類すべてのプリセットが利用可能で、さらに6つの機能を追加、全設定を自由にカスタマイズ可能。

Professional (495ドル、約5万1000円)
Advancedと同等機能でなおかつ商用利用可能。


【プリセット】
Entry
128MBのDirectX 10対応 ビデオカードと1280x1024の解像度

Performance
256MBのDirectX 10対応 ビデオカードと1280x1024の解像度

High
512MBのDirectX 10対応 ビデオカードと1680x1050の解像度

Extreme
512MBのDirectX 10対応 ビデオカードと1920x1200の解像度
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/13-d3dc6849

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。