スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島沖漁船事故:台湾総統が日本に抗議、賠償など求める声明 

尖閣諸島・魚釣島近海の日本領海内で日本の巡視船と台湾の遊漁船が接触、台湾漁船が沈没した事故で、台湾の馬英九総統は12日、「釣魚台(尖閣の中国語名)は中華民国の領土である」と言明し、総統として日本に賠償などを要求する声明を発表した。
4項目からなる声明で、
  1. 釣魚台は台湾に帰属する島嶼(とうしょ)である
  2. 釣魚台の主権を維持する決意に変わりない
  3. 日本政府の船艦がわが国(台湾)領海で、わが国の漁船を沈没させ、わが国の船長を拘留したことに抗議し、船長の釈放と賠償を要求する
  4. 海巡署(海保に相当)の編成と装備の強化を行い、主権と漁業権を守る機能を高める-とした。


リンク:FujiSankei Business i
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/199-299a175b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。