スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレファントカシマシ宮本浩次が生放送中にキレた【動画アリ】 

個性的なキャラクターで知られるエレファントカシマシのヴォーカル・宮本浩次が、ラジオ番組の生放送中にキレる一幕があり、ネットで話題を呼んでいる。これはTOKYO FMで4月18日にオンエアされた音楽番組「COUNTDOWN TFM」でのこと。同番組は東京・渋谷のスペイン坂にあるTOKYO FMのスタジオから公開生放送されていたが、パーソナリティの鈴木万由香が発した言葉の表現が宮本浩次の怒りを買ってしまった。なお、この模様は番組の公式サイトで公開されているスタジオの様子を収めた動画でも確認できる。
番組は当初、和やかなムードで進んでいた。宮本浩次も笑顔を浮かべながら質問に答え、身振り手振りを交えながら真剣にエレファントカシマシについて語っていたのだが、問題のシーンは4月29日に発売するニューアルバム「昇れる太陽」の話になった時のことだ。鈴木万由香が「個人的な感想」とした上で「昇れる太陽」の感想を次のように表現した。

「今回のアルバムというのは、聞くたびに印象が変わっていって、なんて言うんでしょう、オードブルもサイドディッシュもないフルコース…メイン!メイン!メイン!メイン!みたいな。ちょっとパッと聞いた感じで、『うわっ食べにくい』というような。でも実際飲み込んでみると『こんなに美味しいものはないや』という」

すると、宮本浩次は鈴木万由香の言葉を遮るように「人の前で『食べにくい』って言ってましたね、この人ね」「失礼なやつだな、こいつは」と、笑みを浮かべながらも静かに怒りをたたえている様子。そして鈴木万由香の問いかけにも無言となり、「まあ、悪気がねぇのは分かってるけどよ」と大人の対応を見せようとしたが、鈴木万由香が次に発した「ケンカ売られてます?いま」との一言が、さらに宮本浩次の逆鱗に触れてしまった。「ケンカじゃねぇだろ。おめえが売ってるんだ、このバカ」「気をつけろ、このドアホ」。

ネットでは宮本浩次がキレたことについては「大人げない」との声が多いが、「ケンカ売られてます?いま」など、それをさらに上回る「大人げない」発言をした鈴木万由香に批判的な意見が目立つ。少なくとも宮本浩次は番組のゲストであり、そのゲストに不快な思いをさせてしまったことは、ホストである鈴木万由香の落ち度と取られても仕方がなさそうだ。



リンク:narinari.com
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/286-97840d90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。