スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1丁10万円」けん銃110番スタート 

「けん銃110番報奨制度」が1日、スタートした。同制度は各都道府県警が拳銃などに関する情報を全国共通フリーダイヤル番号で24時間受け付け、実名、匿名にかかわらず事件の摘発に至る有力な情報を提供した通報者に対し報奨金を支払うもの。昨年4月17日に伊藤一長長崎市長が銃撃されたのを受けて、警察庁が対策に乗り出した。

報奨金は通報に基づき銃器(認可銃砲などを除く)を押収し、かつ被疑者の摘発に至った場合に支払われる。1丁につき10万円を基準とし、情報内容、摘発された事件内容、捜査協力の度合いなどで金額を算出する。通報者が事件の共犯者などの場合は支払われない。

愛知県警薬物銃器対策課は1日午前10時、電話受け付けを開始。直後に県内の男性から「拳銃を持っている人を見た」という通報があった。
県内では昨年、拳銃を使った事件が6件発生し、4人が死傷。50丁が押収されている。

愛知県警では執務時間内は薬物銃器対策課が、執務時間外は刑事部業務当直が受け付ける。

リンク:名古屋タイムズ
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/32-cd725c3e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。