スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役所広司初監督作の完成試写に瑛太らオールキャストが勢ぞろい! 


俳優・役所広司が自身の主演で、初監督を務めた映画『ガマの油』の完成プレミア試写会が25日、都内で開催され、役所、瑛太、小林聡美、益岡徹、八千草薫、澤屋敷純一、二階堂ふみによる舞台あいさつが行われた。

舞台あいさつの写真

立ち見が出るほどの大盛況の中、壇上に上がった役所監督は「すごくドキドキしている。この作品はスタッフ、キャストみんなで産んだ子供のよう。ちょっとクセがあって個性的な子ですが、いじめずにかわいがってほしい」とあいさつ。

役所の息子役を演じた瑛太は、役所について「演出がすごく分かりやすくて、のびのびとできた。劇中で父親をおんぶするシーンがあるんですけど、役所広司さんをおんぶするのはすごいことだなあって(笑)。とても大好きなシーンです」とコメント。また本作がスクリーンデビューとなった二階堂は、「大笑いするシーンが多く、最初はなかなか大笑いできなくて……でも役所さんがいろんなアドバイスをしてくれて、ふたりで大笑いの練習をして、自然とできるようになってすごく楽しかった」と撮影を振り返った。

本作は、突然降りかかる“ある悲しい出来事”と、父親が思わずついてしまった小さな嘘によって、家族が思いもよらない方向に導かれていく物語。そこで、司会者から「落ち込んだ時はどうしているのか?」という質問が投げかけられると、「どん底の時は笑うしかないという感じになる」(役所)、「これぐらいで済んでよかったなと思うようにしている」(小林)といった前向きなコメントが出る中、澤屋敷は「僕の場合はやっぱりアルコールに頼っちゃう(笑)」と現実的な対処法を披露し、会場を笑わせていた。

最後に役所監督が「この映画を観て大切な人たちのことを思い出すきっかけになってくれればうれしい。ひとりでもたくさんの人たちに観てもらいたいので、面白くても面白くなくても(笑)いろんな人に薦めてみてください」と作品をアピールし、舞台あいさつを締めくくった。

『ガマの油』
6月6日(土)より丸の内TOEI2ほか全国ロードショー


リンク:Yahoo!ニュース
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/336-a2b30165

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。