スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲良し四姉妹末娘の大沢あかね、本番前にノロケ披露! 


斉藤由貴、星野真里、山崎静代(南海キャンディーズ)、大沢あかねが4姉妹を演じる、舞台「ゼブラ」が本日開幕する。出演者たちが意気込みを語る囲み会見が9日、劇場にて行われた。

仲良し四姉妹のその他の写真

「ゼブラ」は、今年で生誕80周年を迎える故・向田邦子の代表作のひとつでもある「阿修羅のごとく」をベースに、作・演出家で今、注目を集めている田村孝裕(劇団ONEOR8)が作り上げたオリジナル・ストーリーだ。

次女役で出演を予定していた檀れいが、鉄欠乏性貧血のため休演することとなり、代役を務めることになった星野真里は、「みなさんのサポートがものすごく温かくて、なんとか順調に足を引っ張らずについていけたのではないかと思う」と話し、「星野さんは(稽古に入って)10日間くらいなのに、初日には台詞がすべて入っていた状態だった。それだけでも彼女の勇気に私たちも頑張らないといけないと思った」と長女役の斉藤も絶賛。チームワークの良さをみせた。また本番を目前に控え星野は、「プレッシャーを感じる前にやらなきゃいけないことがいっぱいで。プレッシャーを感じる余裕がない感じ」と心境を語った。

初舞台となる四女役の大沢が「旦那さんの役柄がパチンコ大好きで、車大好きでちょっとダメな男な感じだけど、うちの旦那さんって完璧な人なのでそこが違うなって…。(舞台は)義理のお父さんとお母さんと一緒に観に来てくれると思う」とノロケを連発。婚約中の三女を演じる山崎は、「そういう役をやらせてもらえてうれしい。それをリアルにからめらていけたらいいなと思う。(実際に)よくからめてはいるが、なかなか結びつかない」と笑いを誘う。「しずちゃんは最近、休みの日にボクシング習いに行ってるらしくて。そんな強い彼女ってどうなのかなって」という大沢に、間髪入れず山崎が、「何? ケンカ売ってんの?」と仲の良い姉妹のような掛け合いを披露し、会場はさらに笑いに包まれた。

舞台「ゼブラ」は6月29日(月)まで、東京・日比谷 シアタークリエにて公演される。チケットは発売中。

リンク:Yahoo!ニュース
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/420-374f9b99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。