スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ソラニン』クランクアップ! 宮崎あおいの歌声に監督が“鳥肌” 


浅野いにおが描いた人気漫画『ソラニン』を宮崎あおい、高良健吾らが演じることで話題の映画『ソラニン』が5月31日にクランクアップしたことがわかった。

本作で、バンドのボーカル芽衣子を演じる宮崎は、歌のためにボイスレッスンを受けて撮影に臨んだという。そんな彼女の声について、三木孝浩監督は、「歌声が聞こえた瞬間鳥肌が立って、すごいよかったです。想像していた原作の歌もあったんですけれど、やっぱり宮崎さんが出す歌の強さもすごく良かったんで。それをちゃんとレコーディングできて、実際にライブで出せてすごい嬉しい」と語る。

バンドのメンバーは、ドラムのビリーを桐谷健太が、ベースの加藤をサンボマスターの近藤洋一が演じる。監督曰く「スタッフが入れないぐらいバンドとしてのチームワークが出来ていて。多分映画にもその雰囲気は出ていると思う」とバンドの相性もばっちりな様子。そんな大絶賛を受ける宮崎は、クランクアップの際に「まだ撮影が終わったばかりで、うまく言えないですが、私自身もいい作品になっていることを願っているし、原作を好きな方もたくさんいらっしゃると思うので、皆さんがガッカリしないような映画になっていたらいいなと思う」とコメント。

宮崎自身も「ライブシーンは、本当にみんな一生懸命やったし、きっとカッコいいシーンになっているんじゃないかなと思うので、そこは楽しみにしていてほしい」とアピールする映画『ソラニン』、公開まで楽しみに待ちたい。

『ソラニン』
2010年春、全国ロードショー



リンク:Yahoo!ニュース
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/421-031ee7d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。