スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100万語目の英単語は「Web 2.0」、サイトが独自計算 


(CNN) 英語の単語数を数えているウェブサイト「グローバル・ランゲージ・モニター」は10日、英単語の登録数がついに100万語を突破したと発表した。記念すべき100万語目となった単語は「Web 2.0」だった。

同サイトは独自の基準に基づきウェブサイトや学術出版物などを巡回して使われた英単語をチェック、1日に約14単語の頻度で新語を追加登録している。Web 2.0は新世代のウェブサイトやサービスを表す単語。IT業界だけで使われる専門用語の域を脱し、過去半年で一般用語として使われるようになったと認定した。

Web 2.0と前後して、IT用語の「クラウドコンピューティング」、環境問題用語の「カーボンニュートラル」といった単語も新語として追加したという。

ただし同サイトの単語数カウントは、言語学者にはほとんど相手にされていない。言葉は常に変化するものであり、単語の数を数えるのは不可能に近いと専門家は指摘している。


リンク:Yahoo!ニュース
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/452-1ae45edb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。