スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビアのカダフィ大佐、旧宗主国のイタリアを初訪問 


ローマ(CNN) リビアの最高指導者ムアンマル・カダフィ大佐が10日、旧宗主国のイタリアを初訪問した。ローマのチャンピーノ空港ではイタリアのベルルスコーニ首相が出迎えた。

ベルルスコーニ首相は記者会見で「平和と友好、協調の新時代が始まった」と宣言。「(カダフィ大佐は)深い英知の持ち主だ」と賞賛した。

両国は経済的、政治的関係の強化を目指し、2008年に友好協定に調印。カダフィ大佐は10日、「現在のイタリアは過去のイタリアと同じではない。イタリアは植民地主義を非難し、過去について謝罪した。だから私はここに来た」と語った。

カダフィ大佐は同日ベルルスコーニ首相と会談して共同記者会見を行い、14日には議会で演説する。

かつてテロを支援していたとされるカダフィ大佐の訪問に対し、イタリア国内では反発の声もあり、学生らが抗議活動を展開。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルのイタリア支部は首相と大統領に対し、リビアに人権尊重を促すよう申し入れた。

ローマ市内は警備が強化され、カダフィ大佐が滞在している市内中心部の公園は一般の立ち入りを禁止、10日から13日まで飛行禁止区域が設けられた。

リンク:Yahoo!ニュース
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/453-f4f84e55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。