スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田沙紀が主演ドラマ『メイド刑事』挿入歌で2年5カ月ぶりに歌手活動再開 


 女優・福田沙紀が、主演を務める金曜ナイトドラマ『メイド刑事』(テレビ朝日系)の挿入歌「明日への光」を歌い、EMIミュージック・ジャパン移籍第1弾シングルとして8月12日に発売されることが決定した。 

 『第10回全日本国民的美少女コンテスト』で、演技部門賞を受賞してデビューした福田沙紀。映画『ヤッターマン』でヤッターマン2号を演じ、NHKドラマ『ゴーストフレンズ』では主演を務めるなど人気上昇中の女優だ。6月26日スタートのドラマ『メイド刑事』では、表の顔は京都の大豪邸で働くメイドで、裏は京都府警本部長の特命を受けた刑事という役柄を演じる。

 これまで女優活動と並行して05年5月に歌手デビュー。今までにアルバム1枚、シングル5枚をリリースしているが、EMIミュージック・ジャパン移籍第1弾シングル「明日への光」は約2年5カ月ぶりのCD発売。80年代の歌謡曲を彷彿させるせつないメロディーとキャッチーな歌詞に、エレクトロポップサウンドが融合したナンバーで、劇中でも、福田沙紀演じる主人公・若槻葵のキメ「悪の汚れ お掃除させていただきます」とともにクライマックス・シーンで使用されドラマを彩っている。

 ドラマ撮影中の多忙を極めるスケジュールの中でのレコーディングだったが、久しぶりの歌手活動再開に、アップテンポなトラックに合わせテンション高くポジティヴな歌詞を歌い上げている。「今まで以上により自分の個性を音楽に反映させて、一人でも多くの人たちに伝えていきたい」と今後の歌手活動にも意欲を見せている。

 福田がデビューのきっかけをつかんだ「全日本国民的美少女コンテスト」は現在8月4日に行う本選の出場者を決定する審査の真っ最中。審査の過程や結果などの情報や、いち早く本選出場を決定した「デ☆ビュー読者限定プレオーディション」合格者のインタビューは、オーディション情報誌『月刊デ☆ビュー』(オリコン・エンタテインメント)に掲載されている。


リンク:Yahoo!ニュース
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/467-afc59800

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。