スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生ミス日本・宮田麻里乃、本大会のステージで「足元に水たまりが」 


 藤原紀香らを輩出した『ミス日本コンテスト』の09年度グランプリ・宮田麻里乃が、オーディション情報サイト『WEBデ☆ビュー』のGIRLSインタビューに登場。10年ぶりの高校生受賞で注目を浴び、教育バラエティ番組『We Can☆』(BSフジ)等、現在さまざまな場所で活躍中の彼女が、受賞の瞬間や高校生活、将来の目標について語った。

コンテスト受賞時、番組出演の写真。応募要項へのリンク

 『ミス日本コンテスト』には、お母さんが内緒で応募したという。
「『ミス日本』は聞いたことはあったんですけど、まさか自分が出ることになるとは思っていませんでした。そんなすごいところに私が応募していいのかな、という気持ちがありましたし。でも審査が進むにつれ“みんなが頑張ってるのに私はこんなにマイペースでいいんだろうか”という思いが芽生えて、ちゃんと意識するようにしました」

 コンテストの本大会に進んだ彼女が体験したのは、「思ったよりもずっと体力勝負」の審査だった。
「12センチのヒールを履いて、さらに前が見えないくらいライトがたかれる中でずっと姿勢に気をつけながら立っていなければいけなかったんですが、暑くて汗で足元に水たまりができるくらいなんです! 中には足が震えたり、気が遠くなってしまう人もいたり。その上で質問に対して、ちゃんと自分の考えを言わなければならないわけですから。精神力勝負でもありましたね、本当に(笑)」

 そんななか宮田にも、ピンチが襲い掛かる。
「気は遠くはならなかったんですけど、今までそんな高いヒールを履く機会がなかったので、本大会で質問に答えている最中に足がつってしまって。“あっ、これはヤバイ!”と思ったんですけど、いざ歩いてみると意外と大丈夫だったので、ホッとしました」

 コンテストについてや、現在出演中の番組、普段の学生生活、本人のマニアックな部分などを語りおろしたインタビューは、『WEBデ☆ビュー』のGIRLインタビューに掲載中。

リンク:Yahoo!ニュース
Loading


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/478-67f0bfb1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。