スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

串の刺し方 

ne pomnu「串を刺す」とは、内部ネットワークや外部ネットワークに接続する際にプロキシーサーバ(PROXY Server)を通し、セキュリティの向上などを行うことです。ここでは「串の刺し方」について説明します。
[そもそも串とは??]
串とはプロキシーサーバ(PROXY Server)のことです。
他にも、プロキシ・PROXY・プロクシなどと呼ばれており串はその中の一つで、プロキシーサーバ(PROXY Server)の隠語として使われています。
プロキシー(PROXY)とは「代理」と言う意味があり、プロキシーサーバ(PROXY Server)とは代理接続を仲介するサーバーのことです。

[公開プロシキーの探し方]
「串の刺し方」の説明前にまず公開プロキシーを探します。
この公開プロシキーをWebブラウザに設定することにより「串を刺す」事が出来ます。

プロキシ専門サーチエンジン

まず上記サイトで、「匿名&非匿名」の部分を[匿名のみ]を選択し[検索]を実行します。
検索結果に公開されているプロキシーサーバーの一覧が表示されます。

[串の刺し方]
取得した公開プロキシーをWebブラウザに設定します。
IEの場合:
ツール→インターネットオプション
→接続タブ→LANの設定
→「LANにプロキシサーバーを使用する」にチェック

Firefoxの場合
ツール→オプション
→詳細→ネットワーク→接続設定
→「手動でプロキシーを設定する」

表示された項目欄に検索した公開プロキシー情報を入力します。
検索した公開プロキシーが「124.146.168.42:80」の場合
[HTTPプロキシー(アドレス)]→124.146.168.42
[ポート]→80
と入力します。

以上で「プロキシーが通った(串が刺さった)」状態になります。

他にも動作は遅くなりますが、手軽な方法としてWebプロキシーを利用する方法もあります。
Loading


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enjoy430.blog21.fc2.com/tb.php/91-402ce14c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。